仮想サーファーの資産運用ブログ

3年以内に資産50万円から1000万円にふやすよ

誰でもできる!毎月の支出を5万円減らして貯蓄体質を作る具体的な方法


f:id:virtual-surfer:20180912224836j:plain

こんにちは。3年以内に資産1000万円を目指している社会人2年目の仮想サーファー(@business_techX)です!

資産運用をしていく上で資本は多ければ多いほど有利になりますが、その資本を大きくするには「より多く稼ぐ」ことと「より支出を抑える」ことが大事です。年収1000万円あっても貯金が100万円しかできない人よりも、年収300万円でも毎年150万円の貯金ができている人の方が長期的に資産を増やしていくことができる可能性は高いです。

毎月労働時間を増やして5万円を余分に稼いでその分飲み会や浪費に使うよりも、毎月の支出を5万円に抑える方が資産を長期的に増やしていくための貯蓄体質を養っていくことができる。今回は、20代の単身世帯で誰でも簡単に毎月の支出を5万円抑えられる方法を紹介していきます。


まずは自分の今月の支出を把握する

f:id:virtual-surfer:20180912225836j:plain

まずは今月の1ヶ月間で何にどの程度お金を払っているのかを具体的に把握することが大事です。状況がわからずにむやみやたらに「無駄なものにはお金を使わないぞ!」と思って日々の食費を削りすぎたり、交通費をケチって自転車で会社に行ったりすると、日々の生産性が下がる割には支出はあまり抑えられないという事態になりかねません。

毎月必ず支払っている固定費用と、月によっては支払っている変動費用に分けてどの程度のお金を使っているのかをまとめてみましょう。

↓こちらは先月の僕の実際の支出内訳です。


毎月必ず支払っている固定費用

f:id:virtual-surfer:20180912230350p:plain


月によっては支払っている変動費用

f:id:virtual-surfer:20180912230426p:plain


自分の支出状況がわかったら、以下の項目に多くあてはまるものから支出を削っていきましょう。

・削減することで5000円以上の支出削減につながるもの
・削減しても本業の生産性に支障をきたさないもの
・なんとなく浪費してしまっているもの

僕の場合は、食費と娯楽費に67,000円も使ってしまっていますが、これはマッチングアプリで知り合った女性と外食に頻繁に出かけたからです。合計10回以上は行った気がするのでそれだけで2万円近くの出費をしていることになります。これを削って食事は基本的に自炊、外食をする場合も弁当を持参するなどをすることで食費と娯楽費を2~3万円程度には抑えることができると思います。これだけで3万円~4万円の支出削減に繋がります!!

女性とご飯に行っても特に本業にプラスになることはないし、そもそも女性と話しているよりもプログラミングしたりブログを書いたりしている方が楽しいということに気づいたので、確実に不要な浪費でした。

また、今月は大学の友達との飲み会や友達に紹介された年下の女の子との飲みで奢ったりと交際費でも浪費をしてしまったので、その交際費用1万円も削ることができます。

ファッション費用に関しては、半年に1回程度しか服を買ったのと、コンタクトレンズを半年分買ったことで生まれた支出なので、来月はほぼ0になるかと思います。


現状の支出を見直して本当に必要なもの以外は削ることで、少なく見積もっても6万円の支出削減を実現できることがわかりました。先月の支出合計が184,920円だったので、来月は124,920円の支出になることを目指します。これだけで毎月6万円の稼ぎが増えたことと同じことになります( ´ ▽ ` )b


他にも削れそうな支出は?

僕はある程度支出を削るものがわかりましたが、読者の方の中にはどの支出を削減すればいいのかわからないという方もいるかと思うので、削減して効果が大きそうな支出として参考となりそうなものを挙げておきます。


お金のかかる趣味からお金を生み出す趣味に変える

映画を観に行くのが趣味なら、映画館で映画を観るのではなくプロジェクターとスピーカーを買って、NetflixAmazon Prime Videoなどの固定料金制の映画をみることにし、月々の映画支出を抑えつつ映画関連のブログを書いたりと何かお金を生み出すことにつながる趣味に繋げるといいです。(ちなみに僕は映画館には基本的に行かず、プロジェクターとスピーカーで映画を観る派です。)

消費するだけじゃなくて自分なりの考察を他人にみてもらって意見をもらえる方が楽しいので、ぜひ試してみてください。


携帯電話を格安スマホに変える

意外に周りの社会人でも格安スマホじゃなくて普通のスマホを使って月々8000円近く携帯電話代金を払っている人がいますが、お金の浪費でしかないと思っています。今僕が使っているBIGLOBEの携帯電話は月々2,340円で使えています。

家族割でドコモに加入していたものの支払いが毎月2000円程度かかっているので毎月の携帯電話代金は4,000円以上になっていますが、支払いが終われば毎月2,340円だけでスマホを使うことができる計算になります。


飲み物を買わない

会社の同期に毎日缶ジュースを買っている友人がいますが、彼は毎日ジュースを1本以上飲んでいるようなので、30日 × 120円で3,600円もの不要な支出をしていることになります。オフィスのウォーターサーバーの水を飲むなり、ミネラルウォーターをアマゾンで定期便で買って飲むなりして削減することで健康のためにもお財布のためにもよくなるはずです。

僕も社会人一年目の3ヶ月間ずっとコンビニでジュースを買っていましたが、1ヶ月間我慢すると自然に買う習慣がなくなって欲しくもなくなりました。悪習は意識的に断つことができます。


飲み会に行かない

会社員だと必ず呼ばれるであろう飲み会。職種や会社の風土にもよると思いますが、飲み会に行くことで仕事が円滑に進んでいる実感があったり、飲むことが人生で何よりも大事という人以外は、飲み会に行く必要はないと思っています。

僕は会社の経費で無料で飲みにいける時と、同期や大切な上司の退職祝い以外の飲み会は参加しないことにしています。毎月4回は開催されている飲み会ですが、全部に参加すると12,000円が消え、一度も参加しないとお金も時間を節約することができます。

特に愚痴大会になってしまう飲み会は参加したら精神衛生上もよくないです。自分の時間の価値をきちんと認識し、絶対に参加しないことが賢明でしょう。


見栄のためにお金を使わない

最近のSNSの普及に伴って、インスタグラムに投稿したいがためだけにおしゃれなカフェに行ったり、遊園地に行ったり、旅行に行ったりすることも避けた方がいいと思っています。カフェで食事を楽しむことで自分の人生が豊かになったり、大切なパートナーと遊園地に行くことでお互いの愛が育まれたりする場合ではなく、単にSNS上でいいねをもらいたいからという理由での支出だと単なる浪費になってしまいます。

SNSでフォロワーを3000人増やしたい!」など具体的な目標あっての支出であり、将来的に回収できる見込みがあるならば投資としての意味合いを持つこともありえますが、なんとなく承認欲求を満たされたいからインスタ映えTwitterバズを追いかけるのは時間の無駄になりがち。


次の月に決めた支出削減ができたか振り返る

f:id:virtual-surfer:20180912234947j:plain

支出の何を削減するかを決めたら、その削減項目の支出を目標通りに削減することができたのかどうかを次の月に振り返りましょう。

クレジットカードの利用歴と銀行口座のオンライン口座を確認することで、1ヶ月間でざっくりとどの程度支出があったのかを把握することができるはずなので、想定外の支出が増えていないか、目標とする支出削減は達成できたのかを確認します。

目標通りの結果が出せたなら、ご褒美として支出を増やす以外の方法で達成感を噛みしめましょう。目標通りの結果が出なかったならば、目標を少し下げて実現可能性を上げて来月また挑戦してみましょう。小さな成功体験を積み上げることで、徐々に貯蓄体質を獲得していくことができ、貯蓄体質が習慣として身についたなら浪費をすることが格段に減っていくことでしょう。


まとめ

今回は、誰でもできる!毎月の支出を5万円減らして貯蓄体質を作る具体的な方法に関して紹介していきましたが、いかがでしたか?

支出を減らすための方法をまとめると、以下のような手順になります。

・まずは毎月の固定費用と、変動費用を把握する
・支出項目の中から何をどの程度削減するか決める
・目標通りに削減できたかどうか来月末に振り返る


自分のいつもの支出の中で減らすものを決め、実際に減らすことで最初はストレスがかかったり辛い思いをするかもしれませんが、慣れてくるとお金を浪費しないことに価値を感じるようになっていき、自然と浪費することが減っていきます。

支出を抑えて余剰資産となったものは、低リスク・低リターンな安定資産運用に回してもよし、貯蓄して何かに使うための資金としてもよし、ローンがあるならローンを早めに返すための資金にしてもよし。


月々5万円を稼ぐよりも、月々5万円の支出を削減する方が格段に楽で継続すれば徐々に大きな資産になっていくので、20代のうちに習慣を身につけておきたいものです。まずは来月少しでも支出を減らすことを目標に習慣を変えてみましょう。


では!